サイトマップ

屋久島/概要

■屋久島の概要

●洋上のアルプス

縄文杉の枝をこんなに間近で観察できます!

 九州本土の南端、佐多岬の60Km程南にあって淡路島より少し小さい島ですが、九州一高い1936mの宮之浦岳がそびえる山の島です。海岸からそそり立つ山々は屋久杉をはじめ、さまざまな樹木におおわれており、島の90%が森林です。

 サンゴ礁には熱帯魚が遊び、砂浜にはウミガメが産卵に上陸します。それでも、山頂には雪と氷の冬が訪れます。屋久島は亜熱帯の海にそびえる雪山の島なのです。

 山々に降る多量の雨と輝く太陽が、豊かな森を育てました。海と山、森と水、そして雨と太陽がひとつになって、表情豊かな屋久島の自然をつくり出しています。

 はるか縄文の昔から人々は森に暮らし、黒潮の海に乗り出して生きてきました。あふれる自然は恵みとともに、多量の雨と激しい風をもたらします。屋久島には、激しくも豊かな自然とともに生きる人々の知恵が蓄えられているのです。

●DATA

位置東経 130度30分/北緯 30度20分 *佐多岬の南約60Km
面積約500Km2 (約50,000ha)
*淡路島 約588km2  種子島 約450km2
周囲約130Km *一周道路 約100Km
東西約28Km
南北約24Km
最高点宮之浦岳 1936m
地質およそ1550万年前に隆起した花崗岩山地、西側を除く平地は堆積岩
年間平均気温19.4℃(平地)*山頂 6℃台(推定計算値)
年間降水量平地 約4500mm 山地 約7500mm(5ヵ年平均)
*東京 1500mm前後/札幌 1000mm前後
行政鹿児島県熊毛郡屋久島町
*平成19年10月1日に上屋久町と屋久町が合併
人口約14,000人(平成24年)